スポンサードリンク

どろろのあらすじ

どろろ、あらすじ

室町時代末期の武士の醍醐景光は天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出してしまう。

赤ん坊は体の48箇所を欠損した体で生まれる事になり、異形の物としてそのまま捨てられてしまう・・・。

医者に拾われた赤ん坊は成長して百鬼丸(ひゃっきまる)と名乗り、自分の体を取り戻す旅に出る事になる。

そして旅の途中でこそ泥のどろろと出会う、二人で旅を続ける。

また、魔神を倒すたびに、奪われた48箇所の体が一つずつ復活していく・・・。

ラストはアニメ版と漫画版では異なるラストとなっている。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

スポンサードリンク
記事検索
 
タグクラウド
最近のコメント
どろろの歴史と由来 by ツンツンされてハァハァw (07/17)
どろろの歴史と由来 by ポカーンって感じだ(笑) (06/26)
どろろの歴史と由来 by 童 帝 最 強 時 代 (06/19)
どろろの歴史と由来 by テンションあがってきたぁぁ!! (06/05)
どろろの歴史と由来 by なんじゃあのワザ!!! (05/22)
最近のトラックバック
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。